大和書房web連載『今日もふたり、スキップで~結婚って ‶なんかいい″』が書籍化します!11/22発売決定!予約受付中!

諸悪の根源

2016/05/12
映画

映画が苦手だ。
なんていうか、全体的にめんどくさい。
小説や漫画はそんなことないのだが、映画がつまらないと死ぬほど腹が立つ。
場合によっては、諸悪の根源を突き止めてそいつの胸倉をつかんで揺すってやろうか、ぐらい思ってしまう。
誰かと映画を観に行くと、終わったあと感想を言い合わなきゃいけないのも、自分の発した言葉で美的センスを推し量られるのではないか…という不安になってしまい、あまり得意ではない。

そもそも、2時間も集中力が続かない。
肩が凝るし、尻が痛くなるし、煙草が吸いたくなる。
映画もテレビと同じように、15分とか20分おきにCMを挟んでくれよ。

洋画は全員が同じ顔に見えるしカタカナばかりの名前が覚えられない。
「さっきあいつ殺されたのになんで今また出てきてるの…?」と戸惑ったり「ジョンもジョディもジョナサンも全員同じ名前やんけ!」とイライラしてくる。
ものすごいCGを使っていると、「金かかってんなぁ〜!」という感想しかない。

ピクサーとディズニーの違いがわからない。
観たことあるディズニー映画は『ピーターパン2』だけ。
『アナと雪の女王』は友達に「お前みたいな人間は観なくていい」と言われたのでその通り観なかった。
ピクサーだかディズニーだかは、立体的過ぎて酔ってしまい、最終的にゲロを吐く。

ツイッターでみんなが金曜ロードショーのジブリ映画で盛り上がっていても、特に興味がわかない。
ジブリ映画の『魔女の宅急便』はキキだかジジだかの名前の女の子がパンを届けに行くシーンしか知らないし、『天空の城ラピュタ』は「バルス!!!!」「親方!空から女の子が!」「目がぁ〜〜〜〜〜!!!!」というセリフしか知らない。

そんなわたしにも、好きな映画もある。
名探偵コナンだ。コナンはすごい、サイコーのエンターテイメントだ。

この前、彼氏と映画を観に行こうという話になった。
「わたし『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』が観たいな」
「おれコナンほとんど観たことない…」
「コナンに触れないでどうやって育ったのさ」
「それよりも『ズートピア』が観たい」
「え〜まあおもしろいらしいから別にいいよ…」

ほんとうはコナンが観たかった。
でもわたしも大人だしときには他人に譲ることも大切だということを知っているので今回は我慢した。
当日、待ち合わせしてわざわざ映画館まで行ったにも関わらず、土壇場で急に『ズートピア』を観ることが死ぬほどめんどくさくなった。
「ねぇ、観るのめんどくさくなった…」
「そうか〜じゃあ今日はズートピア観るのやめとこうか」

わたしのワガママを嫌な顔ひとつせず受け入れてくれ、仲良くコナンを観た。
素晴らしい映画だった。