大和書房web連載『今日もふたり、スキップで~結婚って ‶なんかいい″』が書籍化します!11/22発売決定!予約受付中!
特別じゃない日の手巻き寿司

特別じゃない日の手巻き寿司

日記

夫に起こされてスマホを見ると、すでに13時をまわっていた。
完全に昼夜逆転だ。

「おれもう筋トレしてお風呂入ったよ、食器も洗ったしお風呂掃除も終わってるよ」という夫の言葉を聞き流し、枕元に置いてあったNintendo Switchの電源を入れ、どうぶつの森に勤しむ。
わたしの島はぜんぜん発展しない。
もっとおしゃれで素敵な島にしたいのに、毎日魚つりと虫とりしかしていない。
金はくさるほどあるのに…人生うまくいかないね…。
みんなの島に遊びに行きたいな、みんなわたしとフレンドになりましょう。

今日起きたのは昼過ぎで、家事も夫が済ませてくれていたので、もうなにもやる気が起きない。
わたしは“きちんとする”ために、スタートダッシュをキメる必要がある。
一日の途中で切り替えて、“きちんとする”ことができない。
だから今日はもうだめだ、自堕落に過ごすしか道はない。

朝ごはんなのか昼ごはんなのか夜ごはんなのかはわからないが、17時くらいにごはんを食べ始めた。
今日は手巻き寿司、なにも特別な日じゃないけれど。
特別な日じゃないと手巻き寿司を食べてはいけない、なんてルールはない。
わたしは自堕落な一日に拍車をかけるために、堂々と手巻き寿司を食べる。

突然思い立って、夜中にでっけーホーローのバットに、かってープリンをつくった。
プリンなんて生まれて初めてつくったけれど、綺麗に固まったので上出来だと思う。
冷蔵庫に入れておけば、明日の朝にはかたくなっているはず。
明日の朝、食べるの楽しみだな〜。

まあ、明日も朝と言われる時間には起きれないと思うけど。