大和書房WEB『今日もふたり、スキップで』第9話、AM連載『命に過ぎたる愛なし』第56回が公開されました。
ベランダで暮らしたい

ベランダで暮らしたい

おすすめ

最近、ずーっと家にいる。
こういう状況になるまでは、頻繁に外にお酒を飲みに出ていたし、原稿は近所の喫茶店で書いていたし、友達とも気軽に会っていたし、連休ともなれば夫と旅行に行っていた。
しかし、現在外に出るのは、スーパーに食料品を買いに行くか、ドラッグストアに生活必需品を買いに行く程度。
限界が来たら、家の周りを歩いたりするけれど、ほんとうに歩くだけ。

家にいるのはわりと好きだが、自分の意志で好んで家にいるのと、家から出られないのとは全然違うので、少なからずストレスは溜まる。
ほんとうなら、友達と居酒屋に行って終電ギリギリまでお酒を飲みたいし、ふらっと散歩に出て疲れたら喫茶店に入って冷たいコーヒーを飲みたいし、公園のベンチに座ってお弁当を食べたいし、キャンプファイヤーをしてその周りをみんなで手をつないで踊りたい。
まあ、そんなことできないししないけど。

わたしは、北海道の広大で自然豊かな大地で、日光と風を全身に浴び、外を駆けずり回ってすくすく育った。
だからと言うか、もともとそういう性格なのかわからないが、かなり太陽のことを信用している。
同じことでずっとクヨクヨしているのは朝起きてまずカーテンを開けていないせいだと思ってるし、太陽の下で風を浴びながら歩けば体も心もリフレッシュすると思ってる。
家にいなくちゃいけない今の状況で、クサクサしてきたからと行って「よーし!じゃあちょっくら出かけてこよっかなー!」というわけにもいかない。
そんなの、本来の目的から見失っている。

家の床で「外に出たい!おれをこの家から出せ!」とオギャオギャのたうち回っていたら、最近夫がベランダ用のイスをニトリのオンラインストアで買ってくれた。
いや…ベランダって言っても結局はほぼ家じゃん…そんなので何が変わるんだよ…とタカを括っていたが、実際にイスが届いてベランダに設置してからというものの、わたしは1日の大半をベランダで過ごすようになった。

まず、目が覚めたら歯を磨く前にベランダのイスに座って、太陽の光を浴びながらキンキンに冷えた麦茶を飲む。
その後、ごはんをつくって食べ終えたあとは、またベランダに出て食後の一服をキメる。
満腹感が落ち着いたら、家の中に戻って掃除やら洗濯やら家事を済ませるが、それが終わればまたベランダに出て、本を読んだりスマホを弄ったりして過ごす。
原稿も、ベランダで書くようになった。
ちなみに、このブログもベランダで書いている。
夜ごはんを済ませ、お風呂に入ったあとは、髪の毛も乾かさずにベランダに出て、ひたすらそこで酒を飲む。
夫に「そろそろ中に入ったら…?」と声をかけられたら、ようやく家に戻って眠る。

もはや、ベランダに住んでると言っても過言ではない。
今住んでいる家の間取りは2LDKだが、1BK(キッチン付きベランダ)で充分暮らせる気がしてきた。もうダイニングもリビングもいらねぇ!!!

ベランダ、マジで居心地がよすぎるんだよな…。
太陽も風も気持ちいいし、仕事は捗るし、ほぼ家だから身なりなんて気にしなくていいし、ほぼ外でもあるのに必要なものがあったらすぐ家の中に取りに戻れるし。
ほんとうに、ほんとうに、ベランダはヤバイ。
ベランダにいるとトブしキマるんだが…ほんとうにこれ合法か?
これが合法だとしたら誰ですか、ベランダを発明した人…こんなのノーベル賞ものでしょう…。
あーベランダに手紙を書きたい、溢れんばかりの感謝の意を伝えたい。
ベランダのチェキ券があったら絶対に買うね!だってツーショットチェキ超撮りたいもん!
どうしよう…右腕に行書体で”ベランダ“ってタトゥーをいれちゃおっかな…。
てかちょっと待って、今までベランダベランダってひたすら呼び捨てにしてきたけど、ちゃんとベランダ”さん“って敬称つけたほうがよくない…??!
敬意、バッシバシに払ってこ!!!!

と、ベランダさんがいかに素晴らしい存在なのか、ベランダさんのおかげでどれほど楽しく有意義な時間を過ごせているのか、口を開けばベランダさんに対する愛ばかりが溢れる。
イスひとつでそこまで喜ぶなんて…君はコスパが良すぎるな…と、それをしょっちゅう聞かされている夫は、ちょっとだけ引いてる。

ちなみに買った椅子はこれ!
ニトリオンライン限定のやつ。
マジでサイコーだからニトリさんにお礼状書こうかな。
https://www.nitori-net.jp/ec/product/8699794s/

ニトリで買ったイス